『親の役目とは』というテーマに向き合い

親の役目とは

昨日、お誘いいただいて、子育て座談会に参加してきました

*座談会の様子*

テーマは「親の役目とは」でした

 

マザーズライフスタイリストとしても

お母さんとは

というテーマがいつも念頭にあり

プライベートでは

17歳を筆頭に、12歳、8歳の子どものいるお母さん歴18年の私ですので

 

今回のこのテーマでの座談会では

マザーズライフスタイリストとしての立場もあり

色々な意見を話させていただきました

 

*子どもにはしっかりとおへそを向けて(心を向けて)話しをすれば、心は開いてくれる

*最後の究極の味方

*安心安全な場所である

などなど

 

しかし!

なんかモヤモヤ

すっきりとしない夜

 

なんか違う

伝えたかったこととは少し違う

なんか違う

そうじゃないような気がする

 

心理学の勉強

カウンセラーとしての勉強

日々の子育て

いろんなことを経験値にして

話しをさせていただいたのですが。。。

 

日々大きくなっていく子どもたちとの毎日

特にこの1年は

長男が大学受験に向けて、彼自身の葛藤を目の前にしています

長女は中学校に入学して、勉強と部活と、そして友達との関係にと大きくステップアップしていく毎日の様子

次女は小学校2年生になり、1年生の時の初々しさが少しなくなって、学校生活に慣れてきた分、気を抜いている様子

 

この3つの大きな柱は

私の毎日でもなく、ソサエティでもなく

彼ら自身の毎日で、彼ら自身のソサエティ

 

この

母親である私でさえ知り得ないソサエティでの毎日のこと

そこでの子どもと周りの人との関わりと、それに伴う成長と変化

 

それを持ってして

『親の役目ってなんだろう』

なんて

言葉で表せるんだろうか

 

急に決めて観てきた映画

そのモヤモヤの気持ちの夜中に

急に思いつき

ネットでシートを予約して

朝イチ、こちらの映画を観てきました

 

 

このタイミングで観てきてよかった!

 

特別な能力のある少女は

特別な環境、大人が彼女にとって良いと判断した環境ではなく

ただ

親代わりの叔父と一緒にいることを望んで。。。

そのシーンは色々なことに気づかせてもらいました(号泣)

 

お母さんとは、親とは

こういう役目

だなんて

テーマにすること自体

おこがましく、超上から目線なんだと、私は感じました

 

子どものことを信じ切っていない

心配ばかりして

安心安全な気持ちでいないのは

私の方なのかもしれません

 

美味しいご飯をべさせてあげたい

かわいい洋服を着せてあげたい

色々な経験をさせてあげたい

いろんなところに連れて行ってあげたい

この子のこの才能を伸ばしてあげたい

良い環境を親は選んであげたい

おもちゃを買ってあげたい

 

I WANT TO …

 

そうではなくて

 

この子たちは、どんな環境だって幸せと感じることのできる人間になれる

悲しい体験、辛い体験をすることもある

頑張りきれない時だってきっとある

ひどい言葉を言ってしまい、心閉ざしてしまうことだってあるかもしれない

人間らしい感情を持ち

彼ら自身が一歩一歩、歩き築いていく人生を

 

『親』高い木の上から見るごとく

ただただ、幸せを願い、愛しきっていく

 

彼らがいるから、私は母親であって

彼らに親にしてもらっている

 

役目があるとしたら、彼らの方で

私を親にするべく役目

なのではないかと

久しぶりのクレヨンハウスでのランチをいただきながら

腑に落ちた感じがしました

 

 

はてさて

今後、彼らには

どんな親に成長させてもらえるんでしょうか

 

楽しみだなぁ♡

 

*セルフコミュニケーション心理学講座受付中

*マザーズライフスタイルメソッドモニター受講受付中