【子育ての練習という考えかた】子育て本の紹介「どならない子育て練習帳」を読んで

沐浴上手でしたか?

初めての出産に、初めての授乳、

初めてのおむつ換えに、初めての沐浴

どれも下手でした(笑)

 

当然ですよね、初めてなんですもの

母性だけではどうにもなりません

でも、毎日の何百回の繰り返し

上手になったかどうかは別として

その月齢は過ぎていきました

 

程なく

離乳食が始まり

食べてくれない。。。

撒き散らす。。。

こぼしまくり。。。

 

公園デビュー

お友達とおもちゃの取り合い

遊具の取り合い

疲れて帰りはグダグダ

買い物中に大泣き。。。

 

幼稚園入園考査

登園、入園、母子分離

高いハードルものが続きました

 

この頃になると

時間との戦いも始まります

 

「急いで急いで!幼稚園に遅れちゃうよ〜」

「さっさと着替えて、時間ないよ〜」

 

小学校に入ると

「明日の支度したの〜?」

「さっさとお風呂に入りなさい」

「脱いだものはカゴの中!」

「濡れたまま、リビングまでこない〜!」

 

高校2年生になる息子を例にとれば

「ゲームばっかりしてないで、本でも読んだら?」

「もう少し、ちゃんとできないの?」

 

お母さんになって16年

3児の母になって7年

未だに子育てが下手ですね

 

何回同じこと言わせるの!

と思うこともありますが

何回言っても言うこと聞かないなら

こちらの言い方が悪いんですね

見方を変える、言い方を変える

これ何事においても、うまくいっていない時の鉄則だと思います

多角的に見る

子供は多面性生物ですから(笑)

 

こちらの本をご紹介いただき

面白くて一気に読ませてもらいました

マンガでなるほど!  どならない子育て練習帳 (Como子育てBOOKS)

子育て本なんですが

練習帳なんです

この視点も面白い

 

「ダメダメ!」

「早く!」

「いい加減にして!」

これ、忙しい時に限って子供がする行動に対してのおきまりのセリフ

私も今まで何千回も言ってきました、きっと

 

何がダメで、なんだったら良いのか、伝えてますか?→伝えてません

早く、ってどのくらい早く?早くするにはどうしたら良いのか教えてますか?→教えてません

いい加減にして!って、何をどんな風に?いい加減って、良い加減じゃないの?→いい加減ってなんだ??

 

褒めるポイントも、良いことをしたことを褒めるんじゃなくて

ダメなことをしなかった時を褒める

「ソファーでちゃんと座ってるの偉いね〜」ソファーでいつもジャンプする子に向けて

「うんこ!ちんちん!て言わないで仲良く弟と遊んでるね〜」と外でもうちでも構わず園児大好きワードを叫ぶお兄ちゃんに向けて

そんなことも楽しく分かりやすく書いて有ります

 

子育てママの皆様

この本、読みたくなりましたよね

本当にオススメです

笑えるし

効果のあることもわかりやすい

字も大きくて、カラーで

漫画も入っています

 

マンガでなるほど!  どならない子育て練習帳 (Como子育てBOOKS)

 

沐浴の練習が必要だったように

叱り方にも練習が必要なんですね

どならないでも子どもが変わります

 

子育ては日々楽しく、できればラクにやりたい

この本を読んで

一緒にニコニコママになりましょう

image