【豊かな心が育つには、ネットではなく絵本】我が家のバナナじけん

子供の疑問

7歳の次女はバナナが大好きです

本当に好きで、一度に3本くらい食べてしまうこともあるくらい

食べすぎですね(笑)

 

学校で朝顔の種を植えて育てている小学1年生の次女は

「バナナも育てたい。種売ってる?」と

 

バナナって、育てられるの?

そもそも、種から?

 

私もバナナのことは

黄色くて

甘くて

離乳食時からの

おやつに最適なことぐらいしか

知識がありません

 

次女が2歳の頃、旅行先で大きなバナナの木があって

少しグロテスクなお花が咲いていたのを

彼女が覚えているわけもなく

 

今は

バナナ=スーパーマーケット

 

ネットで調べるかな。。。

いえいえ

絵本があるではないですか!

 

百科事典は幅広く

子供にわかりやすい程度に掘り下げていますが

次女はバナナのことだけを知りたいので

 

こんな時は福音館書店のかがく絵本

バナナのはなし (かがくのとも絵本)

 

私も知らなかったバナナのことが

及川賢治さんのかわいい絵で描かれています

 

物語の絵本と違うところは

専門知識のある方が書かれている絵本だということで

子どもが自分の手にとって

楽しく知識を得られるところです

 

今までも

子ども達の興味のあることや

疑問に思ったこと

我が家は絵本で触れてきました

ハートの はっぱ かたばみ (かがくのとも絵本)

 

うなぎのうーちゃん だいぼうけん (福音館の科学シリーズ)

 

おへそのひみつ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

ネットで調べるようになるのは

小学校高学年からで十分だと思っていますので

次女とのかがく絵本の時間は

まだまだ楽しめそうです

 

タイトルの「バナナ事件」

かがく絵本とは全く真逆な(笑)

絵本ももちろん楽しいですよ

バナナじけん