ママが一人になるということ〜セルフコミュニケーション心理学

ママはみんなそれが欲しいの

乳幼児のママから

心の声を聞かせてもらうために

月に何度か子育て広場に伺っています

*記事はこちら*

 

0歳から園児までのお子様をお持ちのママたちの

今欲しいものが共通していることに驚きました

 

“欲しいものは、ひとりの時間”

 

園児のママは

子供が通園している時間を利用できるけど

未就園児のママは

24時間子どもと一緒

 

どんなに愛している可愛い我が子でも

ズーーーーッと一緒では

煮詰まることもあります

 

「欲しいものはありますか?」

の問いかけに

「ひとりの時間」

と答えるわけです

 

では、どうして一人の時間がないのでしょうか?

それは人それぞれですが

 

私のセッションをお受けになっているクライアントさんは

全員子育て中のママです(マザーズライフスタイリストなので、ママ限定にしているから当然です)

 

ご家族やお友達にお願いして

自分時間を作り

その貴重な時間を私の講座やセッションに当ててくださっています

 

そんなにしてまで

講座やセッションをご受講になる理由は

 

セルフコミュニケーション心理学や

絵本セラピーを受けると

笑顔で子育てする方法が見つけられるから

ここにお気づきになったからです

*セルフコミュニケーション心理学ご案内はこちら*

 

この、笑顔になる方法は

十人十色

3回の講座と

そのあとのフォローアップで

少しずつこの方法が見えてきて、増えてきます

 

1回90分のセッションです

お子様連れをご希望になられる方は

ご相談を承りますので

お問い合わせください

 

少しだけでも自分の時間

夏休みに入り

3人の子どもたちのマネージメントに全力を注いでいます!

 

そんな中、10分でも自分の時間を作ります

私も場合

ヨガ、瞑想、ジョギング

まさに

セルフコミュニケーションの時間ですね

 

今朝はジョギング

11歳の長女と公園まで走って

1周は一緒に走りますが

もう1周は、ひとりで走ります

image

 

 

セッションのこと

クライアントさんのと

絵本セラピーのこと

夕飯のこと

作り置きのこと

お弁当のこと

長男の合宿のこと

長女の移動教室のこと

次女の習い事のこと

 

どれもどれも

私にとって大事なこと

 

大事なことは

丁寧に、適当に

頑張りすぎずに考えます

 

今日もあっという間に終わりです

 

明日も良い日にしましょうね

 

マザーズライフスタイリスト

三橋 聡子マミー