子どもの宿題の悩み、やっぱりママ友ソサエティは頼り!

小1の壁

小1の子どもは

初めて、夏休みの宿題というものと出会います

 

・算数のプリント

・国語のプリント

・絵日記

・朝顔の観察

・読書感想文

・自由研究

 

image

 

ママは、子どもとも、宿題とも

うまく向きあっていかないと

親子関係が悪化してしまうことになりがちです。。。

 

8月も中旬です

進捗状況はいかがでしょうか?

 

LINEグループで聞いてみる

我が家は第3子の次女が、小1ですので

それなりに慣れてはいますが

第1子のママは

「どうすればいいの〜!」

的なこともありますよね

 

小学校からのアナウンスは意外とシンプル。。。

 

子ども本人に聞いても、的を得ないような時は

ママ友に相談するのもアリですね

 

高2長男の時は

メールのみの交流でしたので

電話もかけたりしてました

 

今は

・メール

・メッセンジャー

そして

主流はLINEでしょうか?

 

先日、LINE勉強会に参加してみて思ったことは

 

直接会っても合わなくても

コミュニケーションというものは

ツール頼りでは問題も起きがち

 

前後のフォローもあってこその

LINEグループだと思います

 

ツール(道具)だけに頼るのではなく

相手を思いあって

お互いに楽しいママソサエティを持ちたいものですね

 

《「既読」はあいづちのようなもの》

とLINE勉強会の講師の方のお話しがとても印象的でした

 

答えや、返事ではなく、あいづち

そのくらいのスタンスでいれば

既読スルーなんて自分サイドの言葉は生まれないのかもしれないと

 

3人の子どもたちのママ友とのライン生活は

シンプルに

思いあって

そして

楽しく

改めて感じたのでした

 

*LINE勉強会についての記事はこちら*

image

 

 

残りの夏休みの過ごし方

我が家の場合ですが

長男は来週から学校の講習や部活の合宿があり

長女は塾の夏期講習

次女はバスケットの試合や学校プールがあります

 

さてさて

宿題は進んでいるのかな??

 

引き続き、見守っていけたらいいなと思います

 

マザーズライフスタイリスト

三橋 聡子マミー