8歳の読む「ぐるんぱのようちえん」

  1. 8歳の読み聞かせで感じたこと

9月最終週

朝晩の空気はすっかり秋めいて来ました

日が暮れるのも早くなり、子どもたちの帰宅時間の気になる今日この頃です

 

秋の夜長は絵本が楽しいです

昨夜

8歳の次女Saraが私に読んでくれました

「ぐるんぱのようちえん」

1965年初版の福音館書店の名作です

 

読むたびに違うのもを感じるのが絵本です(絵本セラピー®︎)

*子どもの頃に読んでもらった時に感じたこと

*母になって読んで感じたこと

*子どもが大きくなって読んでくれて感じたこと

この3段階をこの絵本でじわっと感じました

 

8歳の次女、すっかりしっかり読めるようになって

絵本の絵を見るよりも

読んでくれてる次女の横顔にうっとりしたりして♡

 

ぐるんぱが教えてくれたこと

*「さみしいな、さみしいな」と言って泣くぐるんぱ 

      → 第一子妊娠の時に孤独と不安を感じてたこと

*にっこり笑って出発です 

      → 長男誕生で「完璧な母を目指そう!」と無性に張り切っていたこと

*色々な仕事をするけれど、どれも「ぐるんぱ流」でうまくいかないこと 

      → 長男への子育てのことはイレギュラーが多くて悩んでいたこと

*今までの仕事で手に入れたものを全て持って幼稚園を開く 

      → 5学年ずつ離れた3人の子育て、今までのどれ一つ取っても今の幸せに繋がってる確信

 

子育て18年目です

たくさんのことを、3人の子ども達に経験させてもらいました

どれもどれも

いつもいつも試行錯誤で

 

果たしてこれで良かったのだろうか?

なんて思うこともたくさんあって

 

あぁすれば良かった

こうすれば良かった

なんて思うこともたくさんあって

 

でも

その一つ一つを愛おしく思い

今の私の宝物になっています

 

子ども達がいるからお母さんになって

子ども達とともに、私も成長して進化しています

 

2017年は小中高生の母

秋は行事がいっぱいで

うまく段取りできないこともきっとあると思います

 

でも

またそれも、数年後には

「ママとしての季節を自分らしく過ごす」宝物になっていることと

確信しています

 

Mother’slife Stylist

マザーズライフスタイリスト

みつはし さとこ